医療法人社団圭光会 いなむら皮ふ科医院 > 一般皮膚科 > 尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)

どんな病気?

「尋常性白斑」とは、皮膚に色をつけるメラノサイトの働きが低下し、皮膚の色が白く抜けてしまう病気です。
色素の脱失は境界がはっきりとしており、多くはその周辺部の色素が増強しています。形や大きさは不定です。
尋常性白斑の原因は明らかになっていませんが、なかには悪性貧血や甲状腺機能亢進症などの病気を合併することがあります。

当院のこだわり

従来のPUVA療法に比べ、エキシマ光線療法は自然に色が付きやすいです。

治療

ステロイド剤の外用やエキシマ光線療法を行います。

エキシマ光線療法とは?

「尋常性乾癬」「掌蹠膿疱症」「尋常性白斑」等の症状に対して行う、紫外線療法の1つです。

一回の照射は数十秒で、週1~2回行う痛みのない治療です。
内服薬や外用薬と併用して行います。

一般診療

一般皮膚科・美容皮膚科
医療法人社団圭光会

いなむら皮ふ科医院

〒004-0033
札幌市厚別区上野幌3条4丁目9-14

TEL:011-891-3401

このページの先頭へ

Copyright© 2017 医療法人社団圭光会 いなむら皮ふ科医院 All Rights Reserved.