医療法人社団圭光会 いなむら皮ふ科医院 > 一般皮膚科 > 水虫

水虫

どんな病気?

「水虫」は、カビの1種「白癬菌(はくせんきん)」という菌が皮膚の角質層や爪の中に入り込んで起こります。 足の裏や指のまたの皮が剥ける、ジクジクする、かゆくなるといった症状や、爪の色が白く濁る、分厚くなるといった症状が特徴です。

当院のこだわり

「爪白癬(つめはくせん)で内服が困難な方のために、独自の爪軟化剤を処方し、外用薬での治療も行っています。

治療

抗真菌剤の外用が中心となりますが、爪白癬には抗真菌剤の内服で治療を行います。

一般診療

一般皮膚科・美容皮膚科
医療法人社団圭光会

いなむら皮ふ科医院

〒004-0033
札幌市厚別区上野幌3条4丁目9-14

TEL:011-891-3401

このページの先頭へ

Copyright© 2017 医療法人社団圭光会 いなむら皮ふ科医院 All Rights Reserved.